100均でハーバリウムをDIY!材料から作り方まで徹底仮説!

100均

100均にはハーバリウムDIYに必要な材料が揃ってる?

100均でハーバリウムの材料が全て揃う!

ハーバリウムの材料は、100均セリアやダイソーに行くことで全ての材料を揃えることができます。必要な材料というのは、キャップ付きのガラス瓶、保存用の液体、造花などの花材の3つです。100均には様々な種類のガラス瓶が販売されていますが、中の液体が漏れないようにしっかりとキャップが閉まるものがおすすめです。

 

電球型のボトルもあり、おしゃれで可愛いハーバリウムが作れますよ。また中の液体は気軽に手に入るベビーオイルで代用するのがおすすめです。ちなみにハーバリウムDIYに必要な工具も全て100均で揃えることができますよ。

100均にはハーバリウム専用オイルが販売されている!

100均にはハーバリウム専用オイルが販売されています。今までは専用の液体が販売されていなかったため、ベビーオイルを代用していた人も多いですが、セリアとダイソーに登場したことから気軽にハーバリウムDIYを楽しむ人が多くなりました。

 

100均のハーバリウム専用オイルは、匂いも気にならず透明感のあるオイルとなっているため、ハーバリウムをきれいな仕上がりで作れます。しかしセリアならひとつ45ml、ダイソーならひとつ50mlと容量が少ないため、使うガラス瓶によってはひとつでは足りない場合もあります。そのため、いくつか購入する必要がありますが、必要な分だけを購入できるという点は利点ともいえますね。

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料とは?

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料①ビーズ

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料1つ目は、ビーズです。100均には様々な種類のビーズが販売されており、自分のイメージに合わせたビーズをチョイスすることができます。ビーズをハーバリウムにプラスすることで、キラキラときれいに仕上がります。

 

ビーズを細い針金を通してガラス瓶の中にバランスよく配置することで、ネックレスを沈めたようにも演出することができます。さらに瓶の周りの飾りとしても使うことができるため、様々な使い方ができるのも魅力のひとつです。

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料②ポプリ

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料2つ目は、ポプリです。100均のポプリは色別で袋に入っているため、自分が作るハーバリウムのイメージをつかみやすいのが魅力的です。また花弁だけでなく花の形がそのまま残っていたり、木の実も入っていたりとアレンジの幅が広がるのも魅力のひとつです。

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料③造花

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料3つ目は、造花です。100均には様々なサイズや種類の造花が販売されていますので、自分の好みの造花を選べるのも嬉しいですよね。小柄なタイプや大柄なタイプもあるので、使うガラス瓶に合ったサイズを選びましょう。

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料④ハーバリウム専用オイル

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料4つ目は、ハーバリウム専用オイルです。これは上記でもご紹介したように、ダイソーとセリアで購入できます。どちらも内容量は少ないですが、他の液体で代用するよりもきれいな仕上がりになりますよ。

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料⑤ベビーオイル

100均のハーバリウムDIYにおすすめの材料5つ目は、ベビーオイルです。ベビーオイルは100均でも購入することができ、完成直後はハーバリウム専用オイルとほぼ変わりがありませんが、時間が立つと中の飾りの色が落ちてくるため、長期保存には向いていないのが難点です。とはいえ、練習用にはぴったりなのでおすすめですよ。

100均の材料でハーバリウムDIY!作り方とは?

100均でハーバリウムの作り方①ガラス瓶をきれいにする

100均でハーバリウムの作り方1つ目は、ガラス瓶をきれいにすることです。カビや雑菌が繁殖しないように、ガラス瓶は事前にしっかりときれいにしておく必要があります。特に一番重要視するところが乾燥させるところで、水分が残っているとそこからカビが繁殖してしまいます。

100均でハーバリウムの作り方②造花をカットして配置する

100均でハーバリウムの作り方2つ目は、造花をカットして配置することです。ガラス瓶をきれいにしたら、長めにカットして一度ガラス瓶に造花を入れてみます。そこから少しずつ長さを調節していき、配置したい場所に置きましょう。このとき造花が少なかったり、短いものばかりだと、オイルを入れたときに浮いてしまうため注意しましょう。

100均でハーバリウムの作り方③オイルを注ぐ

100均でハーバリウムの作り方3つ目は、オイルを注ぐことです。造花を配置した後オイルを注ぎますが、勢いよく入れると配置した造花が変形してしまうため、ゆっくりと注ぎましょう。また、瓶いっぱいいっぱいにいれてしまうとオイル漏れの原因とあるため、蓋との間に少し空間を残すようにしてください。オイルを注いだら完成です。

100均でハーバリウムDIYの注意点とは?

100均でハーバリウムDIYの注意点①初心者は造花やポプリがおすすめ

100均には、造花やポプリが販売されており、小柄なものもあれば大柄のものもあります。ハーバリウムDIYする前に、一度瓶の口から造花が入る大きさのものであるか、また液体を入れたときに造花が沈む素材であるかどうかを確認してから選ぶようにしましょう。

 

ハーバリウムDIYをするときに生花を使ってしまうと、水分が多く含まれていることによって腐敗の原因となり、カビが生える可能性もあります。そのため初心者はまず手軽に購入できる100均の造花で練習するのがおすすめです。

100均でハーバリウムDIYの注意点②容器は縦長のものがおすすめ

ハーバリウムDIYするときの容器は、縦長のものがおすすめです。100均には様々な容器がありますが、細長い材料を使うときには縦長の容器がとても便利なのです。液体と材料の隙間を埋めやすく、自分が配置した造花が上に浮いてくることも防ぐことができますよ。

100均でハーバリウムDIYの注意点③主成分に気をつながらオイルを選ぶ

100均でハーバリウムDIYをするときに一番気をつけてほしいのが、このオイル選びです。ハーバリウムに使えるオイルは、シリコンオイルとミネラルオイルの2種類ありますが、ミネラルオイルは100均で購入できます。

 

このミネラルオイルは温度の低い場所に保管してしまうと、変色してしまう可能性があります。マイナス10度以下になると濁り始め、一度濁ってしまうときれいな透明の状態には戻らないため、寒い場所で使うときには注意しましょう。

 

ちなみに、100均にはベビーオイルが販売されていますが、中には主成分がミネラルオイルのもの、植物油のもの、ミネラルオイルと植物油が混ざったものがあり、植物油が入っていると花が劣化しやすくなってしまうため、成分表示をしっかりと確認してミネラルオイルが主成分のものを選ぶようにしましょう。

 

以下がでしたか?今回は100均ハーバリウムの作り方や材料についてご紹介しました。100均でハーバリウムの材料を全て揃えることができるので、かなりコスパも良いうえにアレンジ次第でオリジナルハーバリウムが作れるのはとても魅力的ですよね。ぜひこの機会に挑戦してみては?